プロフィール

企画制作ユーコ・あくび

Author:企画制作ユーコ・あくび
ライブやアートイベントを企画制作しています。アート集団「エエラボ」所属、音楽デュオバンド「大中」マネージャー、「言触」制作マネージャー。


過去企画イベント例
「世界の断崖で九条を叫ぶ」
「鈴木邸 怪談会 東雅夫と松浦だるまトークライブ」
「いみりとみどり(逆柱いみり&おんちみどりトークライブ)」
「大杉栄・伊藤野枝追悼墓前祭 竹田賢一ライブ」
「累の會2014」
「ヒカシューライブ&静岡ロックフェス2017」
「マジカル・パワー・マコ 来襲!」
「《ナニワのシンセ界》静岡県初上映!」
「RUINS ルインズ ~期間限定復活Live~2017」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

イベント詳細
各種イベントの詳細ページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「石彫刻家・杉村孝」鈴木邸 秋の探書会2017トークイベント
登録有形文化財 鈴木邸 秋の探書会2017トークイベント
「石彫刻家・杉村孝」
最後の無頼派芸術家、杉村孝。藤枝の石屋に生まれ、独学で彫刻を学ぶ。誰とも群れずどこにも属せず、たったひとりで巨石を割り断崖を穿ってきた隻眼の鬼才。
評伝『独眼流 一石 杉村孝といふ男』の著者岡村直子と共に、杉村孝の創作と決してあきらめない生き方を聴きます。スペシャルゲストあり。

杉村孝さん画像

「鈴木邸 秋の探書会2017」の詳細はこちら↓
http://akubinoblog.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

開演13:30〜(各約1時間)
約15分程前から入場のご案内を始めます。

観覧無料/予約不要

会場では岡村直子さん著書の販売をします。
岡村直子さん著書書影

お問い合せ 054-251-3289 (あべの古書店)
※期間中は会場にいるので、電話には出られません。
※定員になり次第、入場を締め切ります。
※座布団、自由席です。
スポンサーサイト
鈴木邸 〜登録有形文化財〜 秋の探書会 2017
鈴木邸 〜登録有形文化財〜 秋の探書会2017
[日程]2017年10月28日(土)29日(日)
[時間]10:00〜16:30
[会場]鈴木邸 静岡市葵区中ノ郷249
054-296-0056 ※ご連絡は土・日・月でお願いします。

チラシ画像(クリックすると大きくなります)
201710秋の探書会オモテ面 201710秋の探書会ウラ面

[アクセス方法]
車:狩野橋から美和街道を約5分
  葵大橋から美和街道を約3分
バス:美和大谷線(静岡駅9番乗り場)約30分→美和団地下車徒歩5分

ーーーーーー

【参加店】
あべの古書店(葵区馬場町) 壁と卵(葵区駒形) 太田書店(葵区七間町) 海馬堂 仲書店(島田) コオロギ(浜松) 八月の鯨(浜松) 花うさぎ丸 So Books. 順不同

ーーーーーー

【本】
[一般古書]
[高額古書]
[貴重資料]
[古絵葉書]
[児童書・絵本]
[雑貨]
[新刊書籍販売《静岡県の遊廓跡を歩く》他]
[“本の弁当”販売](海馬堂)※限定18食 ※日曜のみ
[CD《静岡縣郷土唱歌》他]

ーーーーーー

【食事】
[絶品!昭和メシ]←土曜
[ミニビーフカレー]←日曜
紀尾井(葵区宮ヶ崎)
紀尾井201710

[ラスク]シエスタ(島田市)※初出店
[コーヒー]スノドカフェ(葵区七間町)
[和菓子]白木屋(葵区大岩本町)
お弁当も各種取り揃えております。
飲食201710

ーーーーーー

【トークイベント 29日(日)】
「石彫刻家・杉村孝」
最後の無頼派芸術家、杉村孝。藤枝の石屋に生まれ、独学で彫刻を学ぶ。誰とも群れずどこにも属せず、たったひとりで巨石を割り断崖を穿ってきた隻眼の鬼才。
評伝『独眼流 一石 杉村孝といふ男』の著者岡村**と共に、杉村孝の創作と決してあきらめない生き方を聴きます。スペシャルゲストあり。

イベント詳細↓
http://akubinoblog.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

開演13:30〜(各約1時間)
約15分程前から入場のご案内を始めます。

観覧無料/予約不要

会場では岡村直子さん著書の販売をします。
岡村直子さん著書書影


お問い合せ 054-251-3289 (あべの古書店)
※期間中は会場にいるので、電話には出られません。
※定員になり次第、入場を締め切ります。
※座布団、自由席です。

杉村孝さん画像

【大広間で本のおしゃべりをしましょう! 28日(土)】
出版業界内輪話、カストリ雑誌お宝拝見

鈴木邸当主・鈴木藤男が、お気に入りの本をテーブルに並べて皆さまのご来場をお待ちしております。お食事、ご休憩の合間に、ぜひ気軽に本の雑談をお楽しみ下さい。こちらから話しかける事もあります。
その隣りのテーブルでは、今年4月開催「鈴木邸 春の探書会 トークライブ」に出演、遊廓研究家でカストリ雑誌コレクターの花町太郎(はなちょうたろう)さんが、貴重な書籍を並べます。ご来場者はコレクションを手に取ったり、花町さんから直接うんちくを聞いたりもしていただけます。

午後1時〜午後3時頃
参加無料/予約不要

※席を外すことがあります。
※通常の休憩所としてもお使いいただけます。

鈴木藤男さん画像

ーーーーーー

【読み聞かせと朗読 28日(土)】
鈴木邸の庭での朗読会。オーストラリア先住民の楽器「ディジュリドゥ」と共に。子どもから大人まで。

11:00〜 「怪談えほん」読み聞かせ
14:00〜 怪談朗読(岡部の十団子 他)
観覧無料/予約不要

会場:屋外(雨天の場合は室内)

出演:鈴木大治(あべの古書店)
演奏:遠藤隆幸(ディジュリドゥ奏者)

ディジュリドゥ演奏


限定15席 藤條虫丸 MiheeLee 舞踏静岡公演
虫丸mihee画像

静岡公演 限定15席
藤條虫丸 MiheeLee 舞踏公演ツアー
「日韓舞踏の今~時代の中のカラダから」

9月21日(木)開場19時 開演19時半
料金:1,500円(1ドリンク代別途)
会場:居酒屋 紀尾井(静岡市葵区宮ヶ崎)

【出演】
舞踏:
藤條虫丸
Mihee Lee

演奏:
Ayame
N⊥K
格差社会

40分程度のショートプログラムです。公演後はお食事をお楽しみいただけます。(飲食代実費)

【プロフィール】
虫丸Miheeプロフ画像
藤條虫丸 Mushimaru Fujieda 天然肉体詩人
'72年、初舞台。「維新派」等を経て、'89年、ソロユニット「虫丸独儀」開始。旅と芸とをないまぜにしながら、世界各地を遊行する。'02年、Dance Group「The Physical Poets」結成。'04年、関西から屋久島に拠点を移す。今年キャリア45年を記念し、ソロダンス『period』制作。踊り旅を続けている。
参考動画:https://www.facebook.com/DashKphotoandvideo/videos/1396779810389854/

Mihee Lee 舞踏家 俳優 演奏家
'80年広島生まれ
韓国をはじめアジアの古典芸能を学び、再解釈するユニークなダンス・演劇作品を世界各地で発表している。近年は幼児向けダンス作品の制作に取り組んでいる。'06年より韓国ソウル在住。
参考動画:https://youtu.be/hkTB2ALj0nE

【企画制作:ユーコ・あくび】

【お問い合わせ】
080-1589-1346(あくび)
沢田穣治&田沢麻紀 静岡セッション
沢田&田沢ライブ告知トップ

人気アニメ『ARIA』のサウンドクリエーターとしても知られる。ベーシスト沢田穣治が、二年ぶりに来静。前回は自身のブラジル音楽バンドChoro Club(ショーロ・クラブ)の静岡公演の翌日、密かに静岡のミュージシャンとセッションを行った。更にライブにはボディアーティストの田沢麻紀が加わり地下活動的な様相を呈した。
再び、
沢田穰治・田沢麻紀が静岡セッションライブをセットする。
呪術的なディジュリドゥ、魔術的なエレクトリカ、心霊術的ボイスパフォーマンス、神秘的ベースプレイ。テクノとエスノが混交する「見たことのない」空間。
急げ、残り時間は少ないかもしれない!

『沢田穣治&田沢麻紀 静岡セッション』
2017年7月30日(日)
Livebar Freakyshow(フリーキーショウ)
開場18:30 開演19:00 終演21:00頃
2,000円(+1ドリンク代500円)当日/予約共通

《プログラム》
[大麻(鈴木大治+田沢麻紀)]O.A.

[ishikawa tomohiro]

[セッション]
沢田穣治 (ショーロクラブベーシスト)
田沢麻紀(ボディアーティスト/女優)
Ayame(演劇)
コダ・マリオ(舞踏)
極楽大使館
遠藤隆幸
川口允
中安モモ
西村比呂行

《会場》
Livebar Freakyshow(フリーキーショウ)
静岡市葵区両替町2-4-9フィエスタ両替町5F(旧日映森岡ビル)
TEL 054-273-5588 ※営業時間外は、080-1589-1346(あくび)まで
http://freakyshow.net/
infoアットマークfreakyshow.net

《予約/問い合わせ》
電話 080-1589-1346(あくび)

《企画制作》ユーコ・あくび

《プロフィール》
沢田プロフィール画像
沢田穣治:作曲家・編曲家・コントラバス奏者
「ショーロクラブ」のベーシストでもあり、ブラジル音楽からアニメのサウンドトラックまで多彩な音楽活動を展開。
また、緊縛師・有末剛との「東京縛音舞」や、日本の民謡・昭和歌謡を発掘する「カデルノジャポニカ」など、マイナーな領域での活躍も注目されている。
映画版も制作されたアニメ『 ARIA』には、「ゴンドラの夢」「迷い込んだ路地へと」「 花冷え」など印象深い美しい楽曲を提供している。

麻紀プロフィール画像
田沢麻紀:ボディアーティスト
2010年頃より舞台を中心に演劇活動を行ってきたが、2013年に緊縛師有末剛の緊縛モデルを務めて以降、「異形」の表現へ新たに踏み出す。有末剛と沢田穣治が十年に渡って継続してきたコラボレーションイベント「東京縛音舞」にもパフォーマーとして参加し高い評価をうけている。京都在住。
ヒカシューLIVE&静岡ロックンロールフェスティバル
ヒカシューLIVE&静岡ロックンロールフェスティバルタイトルバナー

《フライヤー表面&裏面》
2017ヒカシューフライヤーA2017ヒカシューフライヤーB

《出演》
[headliner]ヒカシュー

[6th]のいず
[5th]チュウソツシスターズ
[4th]漏電銀座
[3rd]村越健+西村比呂行+川口允
[2nd]大中
[O.A.]ishikawa tomohiro

日程:2017年6月24日(土)
会場:フリーキーショウ 静岡市葵区両替町2丁目4-9フィエスタ両替町(旧日映森岡ビル)5階
開場:17:00
開演:17:20
料金:当日¥3,500/予約¥3,000/前売¥3,000
※1ドリンク代別途¥500

特別前売券販売中!
ヒカシューのアルバムジャケットデザインを手掛ける漫画家逆柱いみりさん描き下ろしイラストがそのままチケットになった「ヒカシューLIVE前売券」を販売中です。
※お名前のみのご予約の場合は、チケットは付きませんのでご注意ください。
前売りチケットsample ヒカシュー生きてこい沈黙ジャケット


《ご予約&お問い合わせ》
[フリーキーショウ]
静岡市葵区両替町2丁目4-9フィエスタ両替町(旧日映森岡ビル)5階
054-273-5588 info@freakyshow.net
[ご予約フォーム]
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=2cc683b24c386f61
[企画制作:ユーコ・あくび]080-1589-1346

《前売券購入》
フリーキーショウ または あべの古書店(054-251-3289)

《タイムテーブル》
17:00 開場

17:20 開演
↓ ishikawa tomohiro(20min)
17:40
↓ 大中(35min)※転換込み
18:15
↓ 村越&西村&川口(35min)※転換込み
18:50
↓ 転換(10min)
19:00
↓ 漏電銀座(30min)
19:30
↓ 転換(10min)
19:40
↓ シュウソツシツターズ(30min)
20:10
↓ 転換(10min)
20:20
↓ のいず(20min)
20:40
↓ 転換(20min)
21:00
↓ ヒカシュー
終了時間未定

《出演者プロフィール》
ヒカシュー[headliner]
巻上公一(vocal,cornet,theremin)
三田超人(guitar)
坂出雅海 (bass)
清水一登(piano,synthesizer,bass-clarinet)
佐藤正治(drums)
1978年に結成のノンジャンル音楽ユニット。巻上公一がリーダーを務めるスーパーグループである。40年近くに渡り、独自の世界観で聴衆を魅了している。
1979年東芝EMIから「20世紀の終りに」でデビュー。New wave Rock、テクノポップバンドの草分けとして知られている。1980年にはザ・ベンチャーズと共演。1981年には、NHK「若い広場」でドキュメンタリーが放送された。90年代初頭は、ドイツでの録音や公演など多数。
2003年から現在のメンバーになり、即興と歌が混在する独自の強烈なパワーあるスタイルで、日本だけでなく欧米のジャズフェスティバルにも多く出演するようになった。
カナダのヴィクトリアビル国際音楽フェスティバル、ニューヨークのJapan Societyやジョン・ゾーンのスペースtheStoneでのレジデンシー、国内ではフジロックフェスティバル(2010,2012,2014)、開成町未来音楽フェスティバル、ワールドハピネス(2013)、横濱ジャズプロムナードは2008年から毎年出演している。またリーダーの巻上公一が総合プロデュースするJazz Artせんがわにも2008年から8年間レギュラー出演している。
アルバムは30枚近く発売されている。最近のアルバムは『万感』(2013)とニューシングル『チャクラ開き』(2013)NY録音の新作『生きてこい沈黙』が2015年4月に発売された。
http://www.makigami.com/hikashu/index.html
ヒカシュープロフィール画像


のいず[6番目]
可愛いステージ衣装やゆるーいステージトークとは裏腹に、ダークでヘヴィな演奏が圧倒的なアヴァンポップ・ガーリーバンド。無期限活動停止中の彼女たちのパフォーマンスが観られるのは静岡ロックフェスだけ!


チュウソツシスターズ[5番目]
カテゴライズを蹴倒す女性デュオ。才能もキャリアも有名性も、一切のステータスを嘲笑うかのような「音楽」が現出する。当人たちにはまったくそんな意識がないことが、さらに過激を加速する。必見のステージ!


漏電銀座[4番目]
ヒカシューのCDジャケットを手がけた漫画家の逆柱いみりが率いるスリーピースバンド。ねじれた楽曲とねじれた歌詞を剛球ストレートなボーカルで投げ込んでくる王道ポストパンク。「いみりワールド」炸裂!


村越健+西村比呂行+川口允[3番目]
ジャズ・ブルース・ロックから民族音楽まで、様々なジャンルを越境してきた三人の楽師がひさびさの共演。老成・完成など無縁の大人たちの演奏は予測不能。伝説の続きがあったのか、ここが終着なのか、期待大!


大中[2番目]
五年連続のヒカシュー静岡フリーキーショウライブ、そこにはいつも大中の姿があった。鈴木大治と中安モモ、人呼んで「大中」。嫌われても罵倒されても笑われても、なおステージに立つ芸術音楽の怪物を見よ!


ishikawa tomohiro[オープニングアクト]
今なお進化を続けるシンセサイザーと共に歩み、職人の域に足を踏み込んだシンセ使いはキーボードの形態を棄ててしまったキーボードを操る。テクノロジーの先端音楽が、静岡ロックフェスのオープニングアクトだ!


ヒカシューLIVE&静岡ロックンロールフェスティバルタイトルバナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。